読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

markedを用いてEvernote上でMarkdown記法の即時プレビュを実現する

marked on Evernote

markedを用いてEvernote上でMarkdown記法を実現する

Excel方眼紙でドキュメント書くんじゃねーよ。読みづれーし編集しづれーんだよ。

背景

いつまでたってもEvernote公式で採用してくれないから、なんとかしてみようと常々思ってました。今まではMarkdownを用いた文章を書くときはこんな感じでした。

記入@Mou -> プレビュ@Mou -> プレビュ保存@Evernote -> 公開@はてなブログ

これのイケてないところは以下。

  • Mouはファイルを管理しなければならない
  • マルチ端末での同期ができない(まあDropBoxにおけよという話もあるが)
  • 画像ファイルの用意およびリンクがめんどくさい 

というわけで以下のように文章作成フローを変更する。

記入@Evernote -> プレビュ@ Evernote -> 保存@Evernote -> 公開@はてなブログ

問題は プレビュ@ Evernote をどうするかでした。

やったこと

markedの購入

appストアで買えます。 marked Smart tools for smart writers.

Evernoteファイルをmarkedで即時プレビュする

以下を参考に行います。(というかまんまです) 作成者様に感謝します。

(Mac) EvernoteでMarkdownを書きながらMarkedを利用して自動プレビュー表示

mba:EVERWATCH 7010oncajon$ pwd
/Users/7010oncajon/Documents/Programing/ShellScript/EVERWATCH
mba:EVERWATCH 7010oncajon$ ls -l
total 8
-rw-r--r--@ 1 7010oncajon  staff  1178  6 16 23:44 everwatch.sh
mba:EVERWATCH 7010oncajon$ chmod a+x everwatch.sh
mba:EVERWATCH 7010oncajon$ ls -l
total 8
-rwxr-xr-x@ 1 7010oncajon  staff  1178  6 16 23:44 everwatch.sh
mba:EVERWATCH 7010oncajon$ ./everwatch.sh 

everwatchのアプリ化

このままでは芸がないのでAutomatorを用いてシェルをアプリ化する。

f:id:naotooncajon:20140619150740p:plain

最終的には

ファイル -> 変換 -> 保存(アプリケーション)

を行うと、everwath.appが作成されます。後は、Docに入れるなりしてEvernoteを起動時に合わせて起動しておけばいいです。

画像の挿入

たいていはSkitchを用いてスクリーンショットを取ることが多いです。その場合は、ノートにコピペするだけでよろし(わざわざファイルをアップロードし![Image](Image URI)を書かなくても良いです。)。後はeverwath.appがなんとかしてくれます。

その他設定

お好みで以下の設定をしてしませう。

Evernote

evernoteにプレーンテキストで貼付ける方法

marked

MarkedでGithub Flavored Markdownを使う

いざプレビュ

左側がEvernoteの入力画面。右側がmarkedによるプレビュ。 f:id:naotooncajon:20140619150735p:plain

はてなブログに投稿

設定より編集モードを Markdownモードに変更します。そいで Evernote貼り付けという機能で投稿します。ここまででかなりシームレスすに文章の作成とブログの公開ができます。

参考(Markdown記法一覧)

最後にMarkdown記法のチートシートおいておきます。 チートシート f:id:naotooncajon:20140619150745j:plain