読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユニケージしてみた。(その1:環境構築編)

ユニケージしてみた。(その1:環境構築編)

UNIXはユーザフレンドリーだ。誰かれ構わずフレンドリーになるわけではないだけだ。

USP研究所が推進するユニケージ開発手法というものを試してみる。なかなかにファンキーな思想だ。もちろん良い意味で。

UEC - usp engineers' community site

ダウンロード

以下のサイトよりopen-usp-tukubai-2014061402.tar.bz2を取得。適当に解凍をしておく。 Open usp Tukubaiダウンロード

インストール

以下を参考にインストール。 Open usp Tukubai インストール

ポイントは2つ。

  • Xcodeがない場合はコマンドラインツールというのが必要。ダイアログが出るのでそれに従う。
  • 管理者権限がない場合は、sudoで実行すること。
mba:open-usp-tukubai-2014061402 7010oncajon$ pwd
/Users/7010oncajon/Desktop/open-usp-tukubai-2014061402
mba:open-usp-tukubai-2014061402 7010oncajon$ sudo make install

WARNING: Improper use of the sudo command could lead to data loss
or the deletion of important system files. Please double-check your
typing when using sudo. Type "man sudo" for more information.

To proceed, enter your password, or type Ctrl-C to abort.

Password:
/bin/mkdir -p /usr/local/bin
/usr/bin/install -m 555 COMMANDS/calclock /usr/local/bin
/usr/bin/install -m 555 COMMANDS/cgi-name /usr/local/bin
/usr/bin/install -m 555 COMMANDS/check_attr_name /usr/local/bin

...

/usr/bin/install -m 444 MANUALHTML/COMMON/IMG/BACKGROUND.JPG /usr/local/share/open-usp-tukubai/devel/html/COMMON/IMG/
/usr/bin/install -m 444 MANUALHTML/COMMON/IMG/TUKUBAI_LOGO.JPG /usr/local/share/open-usp-tukubai/devel/html/COMMON/IMG/
/usr/bin/install -m 444 MANUALHTML/COMMON/JS/MENU.JS /usr/local/share/open-usp-tukubai/devel/html/COMMON/JS/
/bin/mkdir -p /usr/local/share/open-usp-tukubai/devel/pdf
/usr/bin/install -m 444 MANUALPDF/all.pdf /usr/local/share/open-usp-tukubai/devel/pdf

確認

mba:open-usp-tukubai-2014061402 7010oncajon$ join0
Usage   : join0 [+ng<fd>] key=<n> <master> <tran>
Version : Fri Oct 21 11:26:06 JST 2011
          Open usp Tukubai (LINUX+FREEBSD/PYTHON2.4/UTF-8)

今後やりたいこと

預金データを可視化してみようか

  • 電子通帳からダウンロードしたcsvファイルを取り込む
  • 整形したデータとして保存
  • HTML5とD3.jsを用いて各種グラフ化

以上